Famisafe

信頼できるペアレンタルコントロールアプリ

appstore
AppStoreからダウンロード
Google Playからダウンロード

ネット依存度が高い人こそ使用すべきアプリブロッカー

Android用アプリブロッカー

アプリブロッカーとは

アプリブロッカーとはその名の通り、アプリの使用をブロックするソフトです。
特定のアプリのインストールを禁止させたり、設定時間内は使用自体をブロックしたり、または時間に限らず特定のアプリの利用を防ぐ機能があります。
子供など人のアプリ関連の操作を禁止できたり、自分自身に制限が課すのが可能と明記されているアプリブロッカーもあります。
またアプリブロッカーと言っても、ウェブサイトのフィルタリングやインストールしてもらった人の現在位置把握など、他の機能が付いていてアプリ利用制限に特化したものは少ないです。


アプリブロッカーFamisafeを紹介する

FamiSafeはアプリブロッカーとしての機能も付いた、総合的に子供をネットの危険から守る、ペアレンタルコントロールタイプのソフトです。
特定のアプリの利用禁止。さらにそれを使おうとしたら親のスマホに通知されるようになっています。
各アプリの利用時間が見られたり、最近利用しているアプリの一覧がソフト立ち上げ後、あまりタップをせずに確認も可能です。
またスマートスケジュールと言って、特定の時間は利用を禁止できます。
他には手間のかかる設定なしに、ワンタップで全てのアプリ利用を禁止するインスタントブロック機能もあります。(もちろん解除もワンタッチで可能です。)
ちなみにこれはiOS版の機能ですが、アプリごとにある年齢レーティングに合わせてブロックしたり、アプリのアイコン自体が表示されないようにも出来ます。

  • ウェブフィルタ
  • 位置追跡 & ジオフェンス
  • アプリブロッカー & アクティビティレポート
  • スクリーンタイム制限 & スマートスケジュール
  • 明示コンテンツ検出 & 怪しい画像検出

ほかのAndroid用アプリブロッカーを幾つ紹介する

Googleファミリーリンク

GoogleファミリーリンクはGoogleの出しているアプリブロッカーです。
GoogleChrome自体アプリ制限が出来ますが、このアプリを入れる事でさらに強度な管理が可能になります。
13歳未満用のGoogleアカウントを開設し、メンバー追加で利用が可能になり、アプリの利用時間や使用のブロック。また子供からのブロック解除が受け付けられます。
他に教師の推薦するアプリが提示される点がユニークです。
長所としてはとにかく操作が安定しており、以前よりも大分使いやすくなった事。
短所は動画のフィルタリング機能もあるが、相応しくない内容が流れたと言う指摘などが取り上げられます。

i-フィルター for Android

i-フィルター for AndroidはPTAのお墨付きをもらっているアプリブロッカーです。
ウェブサイトのフィルタリングの他、アプリブロッカーとしての機能も充実しています。
子供の年齢を設定すれば、それに合わせたアプリだけが表示されます。またアプリカテゴリーを32種類にも分けているので、細かく設定が可能です。
長所はウェブサイトのフィルタリング含めて、とにかく事細かに設定が出来て、日本製なので日本語の不必然さどの心配がいらない事。
短所としてはi-フィルター for Android専用のブラウザー以外では、サイトのフィルタリングがされない事。またアプリのブロック制限がキツすぎるとも言われています。

FamilyTime's

FamilyTime'sは位置情報や通話履歴など、総合的に子供を守るペアレンタルコントロールタイプのソフトです。
アプリブロッカーとしての機能は使用時間の制限を掛けたり、子供がインストールする前に先にブロック(インストール不可能)出来ます。
長所としてはサポート対応が好印象と言われており、GooglePlay上では評価に日本語と英語で答えています。
短所は逆に日本語の使い方が、ソフト自体やレビューでの返信上で難があります。

AppBlock

仕事時間を集中させる事に制限したアプリで、アプリブロッカーとしての機能に特化しています。
自分自身へのアプリブロックが可能で、そのアプリの選択やメール通知。特定のアプリ通知のブロックも可能です。
また厳格モードと言って、設定時間まで絶対に制限を解除出来なくさせる機能もあります。
長所としてはとにかく強く制限を掛けられる事に感謝と言った、口コミがよく見られるほどしっかりした内容の事。
短所は厳格モードにした緊急事態の時に不便る心配があり、時間制限を掛けていなくてもなぜかブロックされるなどがあります。


同じアプリでも動作が安定したり、逆にしていないと言われているのもあります。
しかしこれらはキャッシュと言う、二度目以降のサイト訪問で早く開くための情報が溜まりすぎていたり、容量不足かもしくはウィルスに汚染されている事も場合にょってはあり得ます。
ですので勿論アプリブロッカーに限った話ではありませんが、アプリをインストールしても不具合が起きる場合は、各自問題を見直した上で操作をして、合う・合わないを確認した方が良いです。
これだけ様々なアプリブロッカーがあるので、お気に入りのものが見つかるはずです。

editor image

熊井 桜

編集長

0 コメント